トップページ > GoogeのSEO対策でやってはいけないこと
GoogeのSEO対策でやってはいけないこと

GoogleのSEO対策の中には、効果的なものもあれば、やってはいけないこともたくさんあります。
Googleで上位表示されているホームページやブログは、意識しているかはどうかはともかく、このルールをクリアしているのです。

GoogleのSEO対策でやってはいけないことは、考えてみれば当然というものばかりですが、そういうものだからこそ無意識のうちに忘れてしまっている可能性があります。
例えば、本文と関係のないタイトルを選ぶというものや、意味のないあいまいなタイトルを付けること。
これはホームページを見ようと思っている方にとって、とても不親切な仕様です。
こういう部分をGoogleはしっかりチェックしているのです。
必要以上に長いタイトルを付けることや、キーワードを過剰に詰め込むことも、見やすさを損なう原因となるので注意してください。

ホームページのファイル名も実は重要な要素で、過剰なキーワードや長さにすると減点されてしまいます。
ちょっと変わったものとして、アルファベットの大文字を使うことは禁止というものもあります。
記事本文なら必要に応じて使えば良いのですが、URLとしてスムーズに入力する場合、大文字は邪魔なものでしかありません。

この他にもさまざまなものがありますが、GoogleのSEO対策でやってはいけないことは、閲覧者にとって面倒なものということがほとんどです。
見てもらうことこそがホームページやブログの目的なのですから、こういう部分にはしっかり気を使うようにしましょう。

Copyright © 2007 まるわかりグーグルSEO . All rights reserved