トップページ > GoogleのSEO対策は量よりも質
GoogleのSEO対策は量よりも質

GoogleのSEO対策では、量を増やすよりも質を重視しなければいけません。
ホームページ内に含まれるキーワードの数は、増やそうと思えばどこまでも増やすことができます。
しかし極端に増やしてしまうと、見づらくなってしまうというデメリットがあります。
Googleはこういう部分を厳しく評価して、質の悪いページの表示順位をどんどん下げていきます。

たくさんのキーワードを使うよりも、しっかりと内容に適した使い方をしていなければいけません。
実際にどうやってそこまでの内容をチェックするのかはわかりませんが、実際にそれで表示順位が変動しているのは確かです。
良質なコンテンツを提供することこそが、GoogleのSEO対策として効果的なことです。

量より質というのは、何もキーワード数に限った話ではありません。
他のホームページからリンクされる被リンクに関する基準も、質が重要視されています。もちろん数が多いということは、それだけで高い評価につながるものですが、質の高い被リンクの数がそれなりにあれば、無作為な被リンク数が多いところよりも上位に表示されます。
良質な被リンクというとわかりにくいかもしれませんが、Googleが高い評価をしているサイトやページからの被リンクだと思ってください。
有名なホームページから被リンクがあった方が、知名度なホームページからたくさんの被リンクがあるよりも、検索結果に反映されやすいということです。
数を増やすだけなら手間をかければできますが、Googleではそれだけでは得られないものを評価基準にしているのです。

Copyright © 2007 まるわかりグーグルSEO . All rights reserved