トップページ > PageRankは気にしない
PageRankは気にしない

ウェブページの重要度を決定するための基準として、PageRank(ページランク)というものがあります。
ちなみにこのページという部分は、ホームページのページという意味だけではなく、Googleの創設者の1人であるラリー・ペイジのファミリーネームをかけたものだそうです。

PageRankはそのページがどれだけ引用されているのかという基準などから出されるもので、注目されているホームページほどランクが高いということになります。
ということはページランクが上がるようにすれば、検索結果上位に表示されるようになるのではと思う方もいることでしょう。

しかしGoogleのアルゴリズムは現在変更されているため、ページランクがすべてを左右するというものではありません。
一つの目安にすることができますが、ページランクが低いものが検索結果上位に表示されていることもあります。
ページランクと検索ランキングは、ある程度関連性はありますが、その効果は薄いものとされているのです。
今でもページランクが重要であるという方もいれば、もう古いものなので参考にならないという方もいます。
ページランクのことを気にするなら、他のSEO対策のことを考えていた方が効率的なのは事実です。
余裕があれば考えていっても良いでしょうが、そこまで重要度が高いものではないということで覚えておきましょう。
明確な数字で評価されるため気になる項目の1つですが、古い基準だと考えた方が良さそうです。

Copyright © 2007 まるわかりグーグルSEO . All rights reserved