トップページ > スパムと判断されないためには
スパムと判断されないためには

GoogleのSEO対策をしている中で、色々な方法を試してみると、思わぬ結果になってしまうことがあります。
面倒なものになると、スパムと判断されてしまい、検索順位が下げられてしまう場合があります。

例えばひたすら同じキーワードを連発するというものや、そのページの内容には関係ないものだけど、検索に引っかかりやすいキーワードをひたすら羅列するというものです。
こういうことをしていると、スパムと見なされてしまうので注意してください。

一時期はこういう方法をすることで、検索結果上位に表示されるようになっていましたが、見ている側が迷惑に感じられるようなページは、スパムあつかいされるようになったのです。
SEOスパムは、これだという基準があいまいなため、意図せずスパムあつかいされるということもあります。

良くある例としては、効果的なSEO対策が見つかった時に多くの人がそれを真似してしまい、あまり役に立たないページですら上位に表示されることがあります。
こうなると検索エンジン側は、ユーザーを混乱させないためにフィルターをかけてしまうのです。
さらにその中で目立つものは、ペナルティとして検索結果の順位を下降させるということもあります。
そうならないためにも、オリジナリティのあるコンテンツを用意して、人の目に付くようにしていけば、ペナルティを受けることはなくなります。
SEO対策では、一定のルールがあるとはいえ、真似ばかりしていても結果を出すことはできません。

Copyright © 2007 まるわかりグーグルSEO . All rights reserved